コア薬院のファンクショナルトレーニング

コア薬院のファンクショナルトレーニング

ファンクショナルトレーニングとは?

「ファンクショナル」とは機能的なという意味があります。

 

ここで指す「機能的」とは、人が本来持つ自然な動きをより正確かつ円滑に行うことです。

 

ウエイトトレーニングも勿論重要ですが、ファンクショナルトレーニングを行うことで日常生活の動きが楽になったり、姿勢が良くなる、体が軽くなるなど、様々なメリットがあります。

 

コア薬院はTRXや可変式ダンベル、ケトルベルなどを用いた自重トレーニングがメインとし、身体の機能性と動作パターンに焦点を当てたトレーニングです。

 

体全体の連鎖動作を強化できるため、身体のバランスや姿勢改善、怪我予防、パフォーマンス向上、そして日常生活が快適になることで、より健康で活動的な生活を送ることができるようになります。

主なトレーニング器具

当ジムでは自体重や女性でも扱いやすいトレーニング器具を使ったファンクショナルトレーニングが中心です。

TRX

TRX

もともとは米軍の海軍特殊部隊にて発案された高レベルのトレーニングです。サスペンションバンドをはじめ、スラムボールなどの様々なツールを使ってトレーニングを行います。 

筋力トレーニングとは異なり、ダンベルやバーは使わずに自重を使いながら、安定感、バランス力、筋力、俊敏性などの様々な要素をトレーニングに取り入れます。 

このトレーニングは、トレーニング初心者からアスリートまで、様々な方の体力レベルに合わせてコントロールすることができることが特徴です。

バトルロープ

バトルロープ

全身を鍛えられるトレーニングツールです。ロープを持った両腕をダイナミックに動かし、上半身、背中、体幹、下半身などの全身の筋力を同時に鍛えることができるのが特徴です。 

筋力だけではなく、筋持久力や心肺機能なども鍛えることができます。

ケトルベル

ケトルベル

特徴的な形をしたダンベルは、一般的なダンベルとは異なり、特定の部位を鍛えるのではなく、股関節や肩関節などの大きな関節を使って全身を動かすことができます。 

工夫次第で様々なトレーニングに応用することができ、シーンによってはダンベルと同じような動きが行えるため、非常に用途が広いツールだと言えます。


パワーバッグ

パワーバッグ

パワーバッグは、ダンベルやバーとは異なり、バッグの中に水や土などが入っているトレーニングツールです。 

筋トレとしての使い方はもちろん、体幹トレーニングとしても真の効果を発揮します。 

単に持つだけでなく、クリーン系の種目のように持ち上げたり、勢いを使った運動をすることで強度や難易度を調整することができます。

メディシンボール

メディシンボール

メディシンボールとは、バスケットボールのようなサイズのボールで、1kgをはじめ様々な重さのものがあります。これはトレーニングに使用されるツールです。 

メディシンボールを使うことで、瞬発力や全身の連動性、パワーなどを強化することができます。 

筋トレとは異なり、遊び感覚でも行えるため、女性やジュニア期の方にもおすすめのトレーニングツールです。

ランドマイン

ランドマイン

ランドマインは初心者からアスリートまでどんな方でも多様なウェイトで取り組みやすいトレーニング器具です。

押したり引いたり回したりなど通常のトレーニングでは行うことはできない大きな動きを行います。

筋トレというよりも遊びに近い動きの中で最も効率的に結果がでる種目を選んで提供します。

広いスペースがないとできない大きな動きが多くなりますがパーソナルジムコア薬院では気にせず大きく動くことが可能です。


バイパー

VIPR

私たちは日常的に何かを持って生活をしています。

通勤バッグや買い物袋、スマホやお子様を抱っこすることもありますよね。

全ての動きはトレーニングに成りうる可能性があります。

ViPR(バイパー)はその日常生活に近い状況の中でトレーニングを行います。

また、従来のエクササイズのような決まった動きだけを行うのではなく三次元的に身体を動かして日常生活の細かな動きの全てを円滑にする効果があります。

チューブ・バンド

チューブ・バンド

チューブやバンドを使ったトレーニングは、ダンベルやバーなどを使ったトレーニングとは異なる特徴があります。筋トレでは使用する重さや重力、距離などが負荷になりますが、チューブの場合は張力がその役割を果たします。 

ダンベルやバーは持ち上げる瞬間に最も負荷がかかりますが、チューブは伸ばせば伸ばすほど負荷がかかります。 

これらの特性を応用して様々な運動を行うことができます。また、場所や特別な器具を必要としないため、初心者の方でも簡単に取り組むことができます。

プライオボックス

プライオボックス

プライオメトリクスは、全身の瞬発力と爆発的なパワーを鍛えるためのトレーニング方法です。 

高さのある台にジャンプして乗ったり、逆に台から飛び降りたりすることで運動を行います。 

このトレーニングによって、パワーやスピード、力を発揮するまでのスピードを鍛える効果が得られます。 

実際に重りを持ちながら行うトレーニングの効果を高めていきます。 

エクササイズの難易度は高めですが、順を追って強度を上げていくことで怪我なく継続することが可能です。


バランスボール

自宅にあるトレーニング器具と言えば、過言ではないほど皆さんの生活に溶け込んでいるナンバーワンのツールです。 

腹筋の補助から下半身のトレーニング、体幹トレーニングに大いに役立ちます。 

また、他のトレーニング器具と組み合わせることで使い方は無限に広がります。

フォームローラー

フォームローラーはトレーニング目的ではなく、体のケアを目的としたものです。 

長時間のデスクワークや運動不足によって筋肉は硬くなります。 

そこで、凝り固まった部位にフォームローラーを使用することでコリをほぐし、姿勢改善や疲労回復に期待できます。 

また、トレーニング前に使用することで関節や筋肉を温めることができ、怪我のリスクを減少させることができます。


部位別トレーニング

お腹痩せ・体幹

福岡市のコア薬院で体幹・お腹痩せトレーニング

美尻・ヒップアップ

福岡市のコア薬院のヒップアップ・美尻トレーニング

脚痩せ・美脚

福岡市薬院で下半身痩せ(脚痩せ)トレーニング

背中痩せ・姿勢改善

福岡市のコア薬院の背中・姿勢改善トレーニング

二の腕痩せ

コア薬院の二の腕痩せトレーニング

胸・バストアップ

福岡市のコア薬院のバストアップトレーニング

福岡市のコア薬院の肩こり改善トレーニング

ストレッチ

福岡市のコア薬院のペアストレッチ

ファンクショナルトレーニングの効果とメリット

可動域の獲得

筋トレとは異なり、様々な運動を組み合わせたり、特定の部位だけでなく多くの関節や筋肉を使って動作を行うため、繰り返し行うことでその動作をより上手く行えるようになります。このようなトレーニングによって可動域が向上していきます。

 

ここでいう「可動域」とは、筋肉の張力と関節可動域を指します。

 

一朝一夕で獲得できるものではないため、長期間かつ適度な頻度で行うことで期待ができます(ただし、トレーニング直後に一時的に可動域が向上する場合もあります)。

筋力向上

筋トレとは異なり、特定の部位に刺激を与えるような運動は少なくなりますが、ダンベルやケトルベルなどの様々なトレーニングツールを使用するため、筋力の向上も期待できます。さらに、単純な筋力だけでなくスピードやパワーなども向上する可能性があります。

 

そのため、一般の方からアスリートまでが共通で行えるトレーニングとして認識されています。

コーディネーション能力獲得

コーディネーション能力とは、簡単に言えば運動神経の良さです。

 

実際に運動神経という神経は存在しませんが、ここでは脳からの神経伝達、そして行動に移すまでの時間が早いことを運動神経の良さと定義しています。運動神経が悪い場合の代表的な例としては、複雑な動きが苦手だったり、とっさの判断が苦手な傾向があります。

 

ファンクショナルトレーニングでは、反応速度や複雑な動きなどを段階的にレベルアップさせてトレーニングを提供しています。


日常生活への応用価値

一般的に、マシンを使用した筋力トレーニングにより、強い筋力や筋持久力を獲得することができます。しかし、その結果がもたらす効果は何でしょうか。

 

もちろん、体の見た目は大きく変わるでしょう。しかし、実際の重要な点は、日常生活をどのように快適に行えるかという点だと考えています。例えば、スクワットを行って脚の筋力が強くなったとしても、家事が自動的に楽になるわけではありません。

 

日常生活で行う動作に近い運動を行うことで、そこに変化が訪れるはずです。日常生活が楽になることは、効率化が可能になり、時間に余裕ができることを意味します。つまり、自分の時間を作ることができるはずです。

ウェイトトレーニングとの違い

『ファンクショナルトレーニング』に関心がある方は、ここ近年耳にすることがあるかと思います。しかし、実際のところ何をするのかを知らない方が多いと思います。

 

ファンクショナルトレーニングとは、目的をもって運動すること全般を指します。ウエイトトレーニングのように特定の部位に対して刺激を入れるいわゆる筋トレとは異なり、動きのトレーニングであり筋の強化ではないと定義されています。つまり、動きを円滑に行い、スポーツや日常生活の効率化を狙う運動になります。

 

ウエイトトレーニングとは、いわゆる筋トレと呼ばれるものが主流になります。筋トレとファンクショナルトレーニングの違いは、目的やトレーニングによって得られた結果の使い方などが大きな違いになります。

 

しかしながら、どちらが優れているかや、どちらを行うべきかなどの優劣をつけるものではなく、目的や用途によって自身で選択する必要があります。