福岡市薬院で美尻・ヒップアップトレーニング

福岡市のコア薬院のヒップアップ・美尻トレーニング

ヒップはなかなか気にかけられない部分ですが、見えないからこそ、その部分への意識は薄くなりがちで、見た目の変化が明白に分かる部位の一つです。

 

コンプレックスとして感じていたお尻を、自信を持つ一番の強みへと変えるチャンスがここにあります。

美しいお尻を手に入れるお手伝いをいたします。

 

コア薬院で周りとの差を際立たせ、自信に満ちた女性として輝きましょう。

トレーニングプログラム

ヒップリフト

使用部位:お尻・もも裏

効果:ヒップアップ。

やり方:仰向けで寝ます。その際に両膝を90度になる様に曲げます。両手を体の横でまっすぐと伸ばして体を支えます。お尻と腰を地面から浮かせて頭、お尻、膝が一直線になるまで上げます。お尻をしっかりと締めて力が入っていることを確認しましょう。

注意点:脚幅が広くなったりまっすぐと体上げれないと狙っている部位の効果が表れにくくなります。

シングルレッグヒップリフト

使用部位:お尻もも裏

効果:ヒップリフトより更に効果的なヒップアップ。

やり方:仰向けで寝て、両膝を90度に曲げます。両手は体の真横に置き、体を安定させます。片脚を斜め45度に伸ばして、地面に置いた脚でお尻を浮かせ、運動を繰り返し行います。

注意点:お尻を挙げた際に腰の高さが低くなってしまうと腰に痛みが出る可能性があります。

ブルガリアンスクワット

使用部位:お尻・太もも全体

効果:お尻の高さを挙げる、内腿のシェイプ。

やり方:ベンチや椅子などに後ろ向きで立ちます。片脚を後ろのベンチに乗せます。この際脚の縦幅を90㎝ほど作りましょう。

体制が取れたら体をやや前傾させてまっすぐに下ろします。まっすぐと体を起こして運動を繰り返し行います。

注意点:脚幅の設定や体のぶれが起きると倒れたり効果が偏ったりします。


ワイドスクワット

使用部位:お尻全体・内腿

効果:お尻の引き締め、内腿のシェイプアップ、筋肉量向上。

やり方:脚を肩幅の2倍ほどの広さで広げます. この際につま先が斜め45度を目安に外に開きましょう。手を胸の前でクロスしたら、体を傾け過ぎないようにまっすぐとしゃがみ込みます。お尻、太ももが地面と平行になるまで降ろしたら立ち上がりましょう。繰り返し運動を行います。

注意点:つま先の角度や膝が内股になるとフォームが崩れ怪我をする恐れがあります。

ヒップアブダクション

使用部位:お尻の外側・外もも・横腹

効果:お尻の横のふくらみのシェイプアップ、くびれの強調。

やり方:マットの上に横向きで寝ます。上側の脚をつま先を正面に向けたままゆっくりと上にあげていきます。地面に着かないように降ろしたら繰り返し運動を行います。

注意点:身体が前後に傾いたり、脚を挙げすぎると効率が悪くなるなります。

ファイヤーハイドランド

使用部位:お尻全体・股関節

効果:お尻の横のラインをキレイにする・股関節の可動域向上。

やり方:四つん這いになります。手は肩の真下、膝は腰の真下です。骨盤を含む体幹がぶれないように片脚を体の真横にあげます。繰り返し運動を行います。

注意点:骨盤の位置がずれたり、腰を反らせてしまうと痛みが出たり

使いたい部位に刺激が入りません。


お尻が垂れる・形が悪くなる原因

筋肉の衰え

お尻の筋肉は走ったり大股で歩くことでよく使われる筋肉です。しかしその機会が少ないとどんどんお尻の筋肉は衰えていきます。お尻の筋肉は体の中で最も体積が大きい筋肉です。つまり最も厚みがある筋肉なのですが、使わないとその厚みが仇となり重力に逆らえずに落ちていくのです。 そして背面であるため垂れ下がっていることにも気が付かない、ということになるのです。

骨盤の後傾

デスクワークで座って生活する時間が長い方や柔らかいソファに深く腰を掛けて座る方など姿勢に乱れが起きやすい原因は様々ですが全てに共通するのが骨盤の後傾(腰が丸くなる)ことです。筋肉には始まりと終わりの部分があります。この終わりの部分が姿勢不良が原因でずれてしまうとそのまま筋肉も引っ張られてしまい良くない位置で安定してしまいます。姿勢を長い時間意識するのは簡単ではありません。だからこそトレーニングで少しでも重力に逆らってかつ元よりもいい位置にお尻を持っていってあげましょう。

加齢による骨盤の開き

出産を経験した女性はホルモンバランスの影響によって骨盤が開きやすくなります。

開くということは閉じることもできます。

体を動かすことで骨盤周りの筋肉に刺激を入れて骨盤そのものに対してアプローチをしていきます。


お尻のトレーニングの効果・メリット

綺麗なシルエットになる

お尻と言ってもいくつか筋肉の種類があります。その中でも最も大きな筋肉である『大殿筋』を鍛えることで消費カロリーが大きくなりダイエット効果は高くなります。またヒップアップにもつながり、脚が長く見えたり代謝アップにも大きく期待できます。

疲れにくくなる

お尻の筋肉は歩くときなどに使われます。

ですが普段からお尻が使えていない方は非効率な歩き方をしてしまっているのです。

お尻のトレーニングを行うことで見た目だけではなく効率的にかつ疲労を感じにくい生活を送ることが可能になります。

体の悩みが解決する

お尻の筋肉が垂れてしまうと様々な体へ弊害が起きます。腰痛や膝の痛み、前ももの張り感など股関節についている他の筋肉にも影響を及ぼします。逆に一つが整うことで周りにも良い影響がありますのでただ見た目を変える以上に効果があります。